ごちゃぶろぐ♪ 【気が向いた時に不定期更新しています】

今まで撮ってきた写真を適当に貼り付けてあります。 適当に作った写真日記です。 気が付いたら十周年!! ずぼらな俺が良く続いた物です。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

東京地下鉄博物館 3

東京地下鉄博物館20シールドトンネル
更に続いて、地下鉄のシールド工法のトンネル断面の実寸模型です。
シールドマシンと言う機械で掘って行き、その後ろでセグメントと言う壁を張り付けます。
これを目標の長さまで掘って行きます。この機械が出来たお陰で、深い部分にトンネルを
掘る事が可能になりました。一日辺りの進捗速度は大体数メートルくらいです。
またの名をモグラとも言います。

東京地下鉄博物館21パンタグラフ
パンタグラフの実物も展示されています。
このパンタグラフは動きます。

東京地下鉄博物館22東京高速鉄道100系戸締機械1
元東京高速鉄道の100系に設置されてる戸締機械です。
この戸締機械は日立製で、片開き式の物が使われています。動作はかなりゆっくりだったかな。

東京地下鉄博物館23東京高速鉄道100系戸締機械2
車内の開閉スイッチで実際に動かせます。
子供が使えるように、下側に階段が設置されています。この100系は、東京地下鉄道の
1000系と比べるとかなり質素な作りの内装になっています。

東京地下鉄博物館24東京高速鉄道100系
東京高速鉄道の100系の車体です。
色の塗り方が東京地下鉄道とは違って2色塗りになっています。この東京高速鉄道は渋谷から
新橋までの路線を持っていて、其処から先は東京地価鉄道が運営していました。その後統合されて
帝都高速営団となり、つい最近まで運営されていました。その後今の東京地下鉄(東京メトロ)
になりました。東京高速鉄道時代の新橋駅は今でも引込み線として残っています。

東京地下鉄博物館25運転シュミレーター1
鉄道系の博物館には当然の如くあるのが運転シミュレーターです。
このシミュレーターは、東急の電車とバスの博物館で採用されたのが最初です。
ここでは子供たちが運転する時は、職員が付いていろいろ手助けしてくれます。

東京地下鉄博物館26運転シュミレーター2
こっちのシミュレーターは、恐らくここが最初の採用だと思います。
このシミュレーターは、映像だけではなくて加減速時の振動や、走行時の振動まで忠実に
再現されていて、当時は物凄く話題になりました。

東京地下鉄博物館27模型展示場1
こちらは鉄道模型のコーナーです。
ここにはチョット変わった仕掛けがしてあって、下側にある四角い穴から子供が出入りできるように
なっています。これ見た時、俺も中に入ってみたいと年甲斐も無く思いました。

東京地下鉄博物館28模型展示場2
トンネルを入っていくと、ここへ出るわけです。
ここから見たジオラマの世界はどのように見えるのでしょうか?

京地下鉄博物館29帰りの電車
帰りは、この電車で乗換駅まで行きました。
JRの地下鉄東西線乗り入れ用のE231の800番台と言う電車です。前のより快適です。

撮影データ
EF15mm 1:2.8 FISHEYE
EF24mm F1:2.8
EF35mm F1:2.0
Tokina AT-X 17mm F1:3.5
スポンサーサイト
  1. 2006/07/12(水) 06:34:46|
  2. 電車|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<平塚七夕祭り 1 | ホーム | 地下鉄博物館 2>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benjoinax.blog8.fc2.com/tb.php/180-e115696a

おたんちんナック

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。