ごちゃぶろぐ♪ 【気が向いた時に不定期更新しています】

今まで撮ってきた写真を適当に貼り付けてあります。 適当に作った写真日記です。 気が付いたら十周年!! ずぼらな俺が良く続いた物です。。。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm LEITZ CANADA (11225)

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 1
LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm LEITZ CANADA (11225) です。
Ⅰ型とか、Version1 とか云われてるレンズで、1975年にカナダライツで生産されて
販売されたライツ社初の超広角レンズ。M型の頃から、シュナイダー社が生産した
レンズをOEM供給してましたが、自社製の超広角レンズはこれが初めてです。
超広角フェチには、気になって、気になって仕方ないレンズだったので、前々から
目を付けていました。

★このレンズは、ライカフレックス及び、ライカフレックスSL では、後玉の枠部分と
ミラーが干渉するので使えません★


LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 2
ELMARIT-R 19mm は、1992年頃に高輪台のマックで購入しました。
実物を見て、かなり大きなレンズなので引いた覚えが・・・。箱の中にはこんな
感じで入っていました。ライカのR型レンズって、カタログ見ただけでその大きさを
判断してはいけないと、このレンズが教えてくれましたw。ウチに置いてある超広角の
ニッコールAuto UD 20mm F3.5 やキヤノンNEW FD 20mm F2.8 よりも一回り大きく
EOS用トキナー17mm F3.5 と比べても半周りほど大きいです。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 3
ELMARIT-R 19mm を使えるようにセットするとこんな感じです。
この馬鹿デカイ角型フードが良く目立ちます。同じ値段で、シュナイダーの
スーパーアンギュロンが売ってたんだけど、もっと広い画角の超広角レンズが
欲しかったので、迷ってこっちにしました。確か、一旦外に出て頭冷やしてから
再び店へ出向いて即決購入したと思います。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 4
ELMARIT-R 19mm の中身。
フードとキャップの他に、B+W 社製の82mmのフィルターが付いてます。
レンズキャップの方も、このフィルターを付けても、きちんとキャップが閉まる様に
空間が確保されているので、キャップの割れ目の奥までピンが到達します。
ただ、このフィルターが曲者で、このフィルターを付けた状態で撮影すると、
周辺が若干ケラレます。一応、ライツ社の純正指定なんだけどな・・・。
他に、ケンコーやマルミで販売してる超広角レンズ対応のフィルターの方が
良いかもしれません。82mmの口径が使えます。このB+W ってSchneider 社の
製品だったんですね。シュナイダー B+W フィルターと言うそうで。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 5
ELMARIT-R 19mm レンズフードを付けた状態。
このような感じになります。スゲェー目立ちますw。
花びら型フードより、角型フードの方が、ある種の凄みと言うか威厳
みたいな雰囲気が漂っています。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 6
ELMARIT-R 19mm はカナダ製です。
カナダのミッドランド州オンタリオにあるライツ社の工場で製造されたレンズです。
レンズの画質は、ライカのレンズらしく立体感があって、ボケも綺麗です。歪みも
あまり目立ちません。フィルターを付けたときのケラレ位ですか。目立つのはw。
白黒で、全紙くらいの伸ばしも何度かやりましたが、それでも、中心から周辺まで、
画質は安定して良い感じになります。コントラストも結構高いと思います。そう言えば
リバーサルで撮影した記憶があまり無いなw。寄って抜くと言う使い方をすると、
超広角レンズ特有の迫力のある画像になります。室内や建物の写真撮影にも向いて
います。F2.8と言う明るさも相まって、ASA400/DIN27 のフイルムを使えば、ストロボを
使わなくても、室内撮影で十分使えます。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 7
ELMARIT-R 19mm の単体状態です。
この構図だと、一番前のレンズの出っ張り具合が良く分かるかと思います。
この出っ張りのために、使えるフィルターが制限されています。今ならケンコーや
マルミ製のの82mm超広角対応レンズフィルターの方がきちんと使えると思います。
絞り優先AEに設定して、ASA400/DIN27 のフイルムを使して、F8 に絞りを設定すると、
0.8m~∞迄をカバーします。これで、ノーファインダー撮影等が出来ます。
また、F11 に設定すると、0.7m~∞迄カバーしますが、フィルターのケラレも目立って
来ます。昼間の浅草や柴又のスナップ撮影は、F8 の絞り優先AE で十分OKでした。。
個人的には、一番使いやすいのが、絞り優先AEなので。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 8
ELMARIT-R 19mm の横から見たところです。
19mmは青文字です。本来はサンフラワーイエローの墨が流し込んであります。
これで、俺のと言う意思表示がしてあります。持ってる全レンズがこのようになってます。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 9
ELMARIT-R 19mm の上側から見たところです。
文字は、かなりゆとりを持って、書かれています。
フィルター径が82mmもあるので、かなり実物はデカイです。
距離環は重いけどスムーズと言う感じです。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 10
ELMARIT-R 19mm にフィルターを着けました。
このSchneider B+W 社製のフィルターの枠が厚いので、それが原因となって
四隅がケラレると言う現象を生んでるのではないでしょうか。
このフィルター、一応純正指定なんだけどね。。。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 11
ELMARIT-R 19mm にフードを着けました。
この四角いレンズフードも、ライツカナダ社製です。
何か、この状態でイカツイ姿になってますねww。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 12
ELMARIT-R 19mm にフードとLEICA R7 を着けました。
見れば分かるように、レンズにカメラを着けましたと言う
表現の方が合ってると思います。この状態でこのレンズを使うと、
前の方に重心が寄ってバランスが非常に悪いので、使い難いので、
手ブレ防止のために、ワインダーかモーター・ドライブが必須になります。

LEICA R7 15 (19mmF2.8)
LEICA R7 + MW-R + ELMARIT-R 19mm
こんな感じで、レンズが凄く目立つデザインになります。
これだけ前玉がデカイと、ぶつけた時の精神的ダメージと金銭的ダメージがハンパない
物と思われるので、そうならない為にはフードやフィルターは必須になるでしょう。


LEICA R7 16 (19mmF2.8)
LEICA R7 + MW-R + ELMARIT-R 19mm + LENS HOOD
前から見ると、カメラの存在が分からなくなるくらい馬鹿デカク見えます。
レンズをぶら下げて歩いる雰囲気になります。この状態で、1.86kg位の重さがあります。
しかし、作動音は静かなので、ノーファインダーをやって、側で撮影していて気付かれた
事がありません。

広角は魔角・・・とは良く言ったものでw。このレンズ、使い慣れると手放せなくなるレンズだと
思います。画角は95.7度あります。レンズ構成は7群9枚です。重さは536gあります。
フードとB + W フィルター付だと656gあります。(このレンズの実測値)

LEICA R7 17 (19mmF2.8)
LEICA R7 + MW-R + ELMARIT-R 19mm + LENS HOOD
この状態で、上側から見るとこんな感じになります。
そのデカさが十分分かるかと思います。このレンズを
LEICAFREX SL2MOT + MOTOR DRIVE の組合せなら、
ここまで馬鹿デカク感じないでしょうw。

LEICA R7 18 (19mmF2.8)
LEICA R7 + MW-R + ELMARIT-R 19mm
レンズフードを外した状態でも、大して変わりません。
それにしてもイカツ過ぎるw。

LEICA R7 19 (19mmF2.8)
LEICA R7 + MW-R + ELMARIT-R 19mm
さらに上側から見たところです。
やっぱりレンズが目立つなw。

LEICA R7 20 (19mmF2.8)
LEICA R7 + MW-R + ELMARIT-R 19mm + LENS HOOD
この組合せだと、イカツイデザインなのは否めませんね。
この四角いレンズフードは、効果覿面で、逆光でもフレアやゴーストが
比較的起きにくいです。標準レンズ等のフジツボ形レンズフードの広角
レンズ用が四角いレンズフードだと思います。

LEICA R7 59 (19mmF2.8)
LEICA R7 + MW-R + ELMARIT-R 19mm
ライツ社製の自由雲台小型とテーブル三脚に取り付けました。
この自由雲台、見かけによらずにかなり頑丈で、強固に取り付くので
結構重宝しています。この状態でも、手ブレは皆無に等しいです。
他のメーカーのカメラをお持ちの方もお勧めです。
何時になるか分かりませんが、テーブル三脚と自由雲台の事を
記事にしましょう。

LEICA R7 26-4 (RC LEICA R)
LEICA R7 + MW-R + ELMARIT-R 19mm + LENS HOOD + RC LEICA R
前記事の写真を使い回しw。
この組合せで実際に使いました。
とある展示会の記録写真を撮影する為に、三脚に据付けて、ASA400/DIN27 の
フイルムを装填して、インターバル状態で、36枚撮りを約5分間隔で撮影しました。
カメラをマジマジと見る人や、ファインダーを覗いている人などが居て面白かったです。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 13-1
LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm
レンズキャップは、コンタックス・メタルレンズキャップの82mm用を使っています。
この大きさがあった事に驚きました。コンタックスのレンズでは、どのレンズで使って
いたんですかね。純正のレンズキャップは割れ目の部分から亀裂が入って割れる事があると
時々、話で聞いていたので、これに使える何か良いキャップは無いかなと捜してたら、コンタックス
のカタログで発見しました。純正のキャップは、箱の中に収納されました。これだけだと捜すのに
結構苦労するので。しかも、純正キャップを中古で捜すと有っても値段も高いので・・・w。

LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm CANADA (11225) 13-2
LEICA ELMARIT-R F2.8 19mm
このキャップと、B+W のフィルターを付けてフードは被せられませんが、キャップのみなら
可能です。フードを着けたままで、ドライキャビへ収納しようとしたら、場所を喰うので止め
ました。今は、中古かヤフオクで捜すしかないでしょう。

LEICA-R レンズのカムについて
レンズの互換性や使い方は有限会社ジェイダブリューさんのサイトを参考にしてください。
俺もここで知りました。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/18(日) 21:04:26|
  2. カメラ関係|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0
<<LEICA ELMARIT-R F2.8 35mm : エルマリートR F.28 35mm (Type Ⅲ・11251) | ホーム | LEITZ WETZLAR MACROTAR Ⅵa (16531) & Ⅵb (165432) 【マクロタール】>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://benjoinax.blog8.fc2.com/tb.php/335-a1629704

おたんちんナック

03 | 2017/04 | 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Archives

Category

Links

Search

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。